厨二トレーニーの鍛錬日記

厨二的ドリームを叶える術を伝える。そんなトレ達をここに。

モチベーション維持について。

モチベーション維持。

トレに限らず、人生においての難題だとも思うテーマです。

 

僕自身はかなりの飽き症で、大抵の物事は直ぐにやらなくなることもしばしば。

ほとんどの方もそうだとは思いますが、幼少期~中学生あたりの早い時期にハマったもので、現在まで続いている習慣は数えるほどです。

 

では、どうすればモチベーション、特にトレにおけるそれを維持できるのか?

それについて今日は述べていきたいと思います。

  

理由付けをしっかりする。

 

厨二臭いと言われればそれまでなのですが、僕は身体的な強さだとか、男としてカッコいい人といったものに純粋に憧れます。

実をいうと、僕はただこれだけで結構なモチベーションになっています。

 

つまり、理由があれば続けられるというのが正直なところではないでしょうか。

腹筋を割りたいんだ!もっと握力を強くしたいんだ!に対する「何故?」に答えられるようにしておくのが大事なのだと、若造ながらに思う次第です。

 

あとは、僕に関して言えば、身体を全力でひいこら言わせる運動(スポーツにあたるもの)は正直嫌いです。

しかし、筋トレならまだなんとか続けられるし、場所も選ばないので、これなら何とかというボーダーが低いのも理由になっています。

 

目標を見つける。

 

具体的に、という話です。

肩は弾丸の如く、背中は鬼神の顔の如く!

それはそれでスゴイ目標ですが、実際に想像できないとやはり心が折れます。

 

ボディビルダーのそれと格闘家のそれが違うように、やはり目に見える形でアイコンとしての目標があるのは大事だと思います。

 

正直、それはゲームのキャラでも構わないです。目指すところがあるとモチベーションも変わるのは、僕も実感として持っています。

 

一時期はアリスター・オーフレイムに憧れていましたが、今はまた別です。

 

一気に全てを始めようとしない。

 

今日から生まれ変わる!

まずは週7でトレーニングじゃい!

 

と思う人ほど、実は挫折し易いということは、脳の仕組みとして人間に組み込まれているそうです。

太古の時代は、新しく物事を始めるといったエネルギーを大量に使うものに対して、その日飯があるかすらわからない状況下の僕たちの祖先は消極的だったらしく、その名残とも言われています。

 

ということで、最初のラインはかなり甘く設定することをオススメします。

週7トレ!よりも、一週間で3回やろう、みたいにした方が、最初は良いです。

ただ、よほど強いモチベーションがある時は別なので、状況に応じて取り入れてみてください。

 

終わりに。

 

長いこと更新せずに何をしていたのかというと、ある種の成果が出るまではトレーニング絡みのことを書くのは控えようと思った為です。

この辺は僕の気持ちの話なのですが。

 

では現在何を行っているのかというと、今まで避けていたサイズアップのトレーニングに取り組んでいます。

そしてやはりというか、筋量を増やすトレはなかなか成果が出ないモノ。

でも更新が全くないのもダメだよなという、お茶濁しの記事という訳です。

 

現在取り組んでいるものについては、成果が出次第認めます。

それが年内になるかはわかりませんが、とりあえず頑張ります。

 

 

それ以外のコンテンツについては、備忘録代わりにちょこちょこ書けたらなと考えています。

 

それでは!

自分を操る超集中力 自分を操る超集中力
メンタリストDaiGo

かんき出版
売り上げランキング : 509

Amazonで詳しく見る by AZlink

p>
筋力トレーニング ブログランキングへ