ボンクラトレーニーの日々のムキムキ

筋トレ種目から栄養などなど、トレーニングに関することをつらつらと書き連ねていきます。

有酸素運動が嫌いな人のため。 割とサッと出来てパッと終わるもの2選。

必要だとは分かっていても、いざ実施するとなると極めて気が乗らない。

それが大体の人にとっての有酸素運動だと思います。

 

そしてそれは僕も同じで、必要なのは重々承知ながらも、後手に回したり、そもそもやらなかったりということが多いです。

 

ということで、そんな有酸素嫌いの人向けに、割とサッと出来るものを2つほど紹介します。

 

 

複合バーベルエクササイズ

 

こちらの動画を参考にして・・。

 

www.youtube.com

幾つかのバーベルを使うメニューを連続して行うというもので、1週を1セット、そして5セット行うことが目標です。

尚、最初の方にEPOCなる話がありますが、日本語訳だと「酸素負債」という物々しい言葉になります。

しかし結局は、体が求める酸素の量が間に合っていない状態であり、激しい運動後の息切れは、これを解消するための方法ということになります。

この状態になると、体脂肪の燃焼が促進され易いと言われており、走り込みは痩せるという説は、色々と理に適っていることが分かります。

 

さて、前半だと、パワークリーン→フロントスクワット→プッシュプレス→バックスクワットを持って1セットとなっています。

なるべくスムーズに繋がる動作を選んで組み合わせるのがコツで、字面より遥かにキツいトレーニングとなっています。

 

もちろん、バーベルが無ければダンベルでも構いません。そして、自分にとって不足しているパーツをメインに取り組むことも可なのだとか。

ということで僕は、パワークリーン→フロントスクワット→バーベルプレス→アップライトロウ(×3)→フロントランジという流れで行ってみました。

 

本当に息が切れました。マラソン後のアレに近いものがあり、非常に効果があることは間違いなさそうです。

尚、時間は大体5~6分でした。

 

全身運動を組み合わせて行う。

 

例えば、次の動画には12種類のメニューが紹介されています。

 

www.youtube.com

バトルロープ等は設備が要りますが、他はせいぜいダンベルほどのもの。

バーピーより効果があると謳われている通り、組み合わせたらかなりキツイものです。

 

大体は回数ではなく秒数になっており、例えば上記のメニューから3つほど、各30秒を3セットといった形が多いです。

そして、これのキツさは僕も同感です。

 

特に、過去に一回バーピー→ランジ→ボックスジャンプを組み合わせて5セット位行ったときは、脚が数日ダメになったことを覚えています。

掛かった時間は本当に10分無いので、休養日前日などに取り入れては如何でしょうか。

 

終わりに。

有酸素運動は、大嫌いな野菜を食べるようなもの。アナタにとっては嫌なものでも、身体にとっては必要なものだ。」

という言葉を見たことがあります。正直、すごく的を射ていると思いました。

 

ジョギングも大切ですが、今日紹介したような爆発的動作を伴う有酸素運動も、きっと身体作りに一役買ってくれると思います。

僕自身の効果のほどは、また別日に纏められればと思います。

 

では!

p>
筋力トレーニング ブログランキングへ

 

[WILD FIT ワイルドフィット] アジャスタブルダンベル 24kg 2本 (両手) [WILD FIT ワイルドフィット] アジャスタブルダンベル 24kg 2本 (両手)


ワイルドフィット
売り上げランキング : 44731

Amazonで詳しく見る by AZlink