小人的・人生向上日記

不摂生野郎がQOL(クオリティオブライフ)の向上を目指す軌跡。

30代が見えてきてるので、コンプレックス改善と、本気で憧れていたことをそろそろ叶えるぞ!という決意表明。

30代が見えてきた。正直ここ数年は、年々体調が良くなり続けているので、老けていくのは顔と価値観くらいなのだが。

 

この年を節目と考える人は多い。かくいう僕も、ここを目途に何かをしたいなとは常々思っているのだけど。

 

で、そろそろ実のあることを考えないと、ずるずるだらだらと30歳になってしまうと、最近ふと危機感を抱いた。

 

じゃあ何をしようかな?そう思ったときに閃いたことが数点ある。

 

自分の逃げ場を塞ぐためにも、また有益な情報をシェアするためにも、ここにそれを書いてやるという記事である。

 

 

  

首猫背

 

物心ついた時から、僕は重度の首猫背だ。写真で見るとこんな感じ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20181224141235p:plain

http://www.brain-training.jp/wp-content/uploads/2012/09/4sos1.jpg


 

僕は自分の写真があまり好きじゃないのだが、その理由の一つは自信のなさをこれでもか!と示すこの猫背である。

 

オードリーの春日みたく極端じゃなくていいが、せっかくだからシャンとした姿勢に直したい。

 

そう思いながら10年以上経ってしまった。いやはや。

 

だから本気で考えた。大きく分けると、これの矯正方法は2つに絞られるっぽい。

 

①姿勢矯正のための筋トレ

 

僕は生まれつき背筋がザコなのだろうか。確かに昔怪我をして貧弱になったが、首猫背はその前からだしなぁ。

 

となれば、それを補完するためにも筋力を増さねばならない。動画をいくつか参照したが、とりあえず以下のルーティンを寝る前に始めるつもり。

 

www.youtube.com

 

 

レーニングというよりクールダウンみたいな具合なので、眠りが深くなるかも。そういう期待も込めている。

 

②ガジェットを使う

 

とはいえ、トレーニングと睡眠を除いた残り十数時間でも何とかしないと、首猫背は治るまい。

 

意識しなければダメなら、強制的に意識するまで。調べたら、そういうグッズはやっぱりあった。 

 

コスパとか色々と考えて、これにしようと思っている。

 

最初は不自然に思われるかもしれないが、惰性でみんな慣れてくれるはずだ。

 

―ということで僕は、30歳になる前に首猫背を矯正することをここに宣言する。(どうでもいいだろうけど)

 

漏斗胸

 

以前記事にしたところ、何故かアクセス数の良いこの記事。

 

pochihiko-inunosuke.hatenablog.jp

 

ここで白状したように、僕は『漏斗胸』である。『ろうとむね』と読むのか『ろうときょう』と読むのかは分からないが、まあ特異だよね、と。

 

色々なコンプレックスは受け入れられたが、漏斗胸は頑張れば何とかなりそうなだけに踏ん切りがつかない。

 

僕は筋量増にほとんど興味がないのだが、胸板だけはちょっとそっちに照準を合わせようかなと。

 

というのも、胸板を盛り上がらせれば、見た目的には漏斗胸が隠せるからだ。

 

毎日ジムに通うと確実にサボるので、週1くらいを目安に、胸(とバランス悪いから背中)はジムでウェイトトレーニングを積むことにしよう。

 

そうしよう。

 

―ということで僕は、30歳になる前に、胸囲を100㎝以上にすることをここに宣言する。(これまたどうでもいいだろうけど)

 

余談だが、去年計った時は93㎝くらいだったかな。近いのか遠いのかさっぱりだ。

 

握力60㎏

 

高校1年の時、同級生に握力70㎏の男が居た。

 

握られたら尋常じゃなく痛かったし、コーヒー缶も笑えるくらいへしゃげていた。僕は彼を『ウルトラマン』と呼んでいた。

 

というワケで、僕は握力に対する憧れが結構強い。ただ同時に、才能だよなとも思いながら。

 

ただそこから時は流れ、気付けば僕とウルトラマンの身長は同じくらいに並んでいた。

 

身長と握力が比例するという噂を聞いたことがあるが、ならば僕にも70㎏にいけるチャンスがあるのでは?

 

といってもそこを目標にすると壁が高すぎる。だからまず、60㎏を目指すことに決めた。

 

あまりやり過ぎると簡単に過剰負荷となるし、痛めたら治りにくいのが前腕である。

 

まずは様子見。週2回を目途に、握力強化に重点を置いたルーティンを入れてみることにする。

 

この動画の中から家でできそうなものをベースに、しばらくは筋力を高めることに挑戦だ!

 

www.youtube.com

 

 

なんなら握力計が意外と安かったので、ついでに買ってみよっと。これが浪費となるか否かは今後の僕にかかっている。頑張ろ。

終わりに。

 

コンプレックスは基本的に、受け入れるように思考を変えるほうが楽だ。

 

でも、何とかなると思うなら、それに向けた努力をする価値は大ありとも言える。

 

節目にならないと努力しないのもどうかと思われるかもだが、やらないより確実にマシ。

 

まず僕にできること。それは、Amazonの購入ボタンをクリックすること。

 

30歳までに向上する道は、目先の行動から始まるんだ。そう信じて。

p>
筋力トレーニング ブログランキングへ