厨二的鍛錬日記

憧れの技。動作。失った輝き。そういうのを叶え取り戻す術(=トレーニング)を求めて。

『疲労回復に効果ありとされるもの』レビュー総まとめ。

20代前半、僕は一著前に一大学生として、それなりに不摂生をし、それなりに遊んできた。

 

酒を覚え、徹夜を覚え、若さと言う限りある資源を浪費し、目先の困難も気合と根性と無茶で切り抜けてきたものだ。

 

今はどうか。

 

正直、その水準で生活を続けていると、僕はそろそろ入院モノだ。どうやら僕は、虚弱でこそないものの、別に頑強でもないらしい。

 

今までより、簡単に身体へ疲れが溜まる。そしてそれが抜けるのが、どんどん遅くなる。

 

数年前の適量の飲酒で、たまに二日酔いになってしまう。内臓は一段飛ばしで老化しているのだろか。

 

また、徹夜が出来なくなった。睡眠を削ってまで、娯楽に興じようとはやはり思わない。

 

そろそろ僕はアラサーに突っ込むのだが、ライフスタイルは心なしか軽く老成している気もする。

 

それはそれで良いこともあるので、一概に否定はしないけれど・・・。

 

となれば最近気になって調べるのは、『いかにして疲労を軽減するか』である。

 

正直、このテーマで僕は色々なことを調べて、片っ端から実践してきた。

 

効いたものもあれば、イマイチなものもある。今日はそれをごちゃ混ぜにして、ここでシェアしていきたいと思う。

 

 

  

①長時間睡眠

 

疲労は基本的に、睡眠中しか癒されないとも言われる。傷ついた筋肉や内臓も、このときに回復しているのだとか。

 

よく休みの日は、目覚まし時計をセットせず、遮光カーテンをピッチリと閉めて、好きなだけ寝るようにしている。

 

そうすることで、自分における適量の睡眠時間が分かるからだ。

 

ちなみに僕はややロングスリーパー体質らしく、7時間半~9時間が丁度いい。

 

実際、こうすることで結構な疲れが吹き飛んでくれる。シンプルにして効果てきめんだ。

 

一応注意点としては、寝る直前に飲食をしたり、カフェインを摂取したりすると、驚くほど質が下がって、結局よりだるくなるとは付記しておく。

 

②ウォーキング

 

軽強度の運動を行い、軽く汗を流す。正直、これは結構大切だ。

 

身体だけではなく、精神のケアにも繋がるので、猛暑の中でもたまに僕は歩く。

 

時間の目安としては30~40分程度とされており、確かにそのくらいは歩かないと、運動した感が湧いてこない

 

きちんとしたウェアを揃える必要は無い。ジャージとTシャツで良い。

 

外に出る身なりを整えられるのであれば、心身のメンテナンスとして歩くことは極めてオススメである。

 

③風呂

 

疲労回復術の代表格とも言える。実際は、熱い湯に長時間浸かると、結局それによるダメージが勝つのだという

 

だから、40度弱の半身浴を15分程度が推奨されている。(本やサイトごとに差異はあるものの)

 

家で浸かるのであれば、こだわりたいのは入浴剤。とりあえず、以下のそれは僕の中でかなり効いた。

 

結構な温泉施設に行くのも悪くはないが、元を取ろうと長風呂をするのは考え物だ

 

それが好きならば、別に僕が口を出すことでも無いけれど。

 

ちなみに、夜寝る時間の1時間半くらい前に入浴を済ませておくと、寝つきが改善されると言われている。

 

④サプリ

 

ここ1ヶ月、亜鉛をずっと摂取し続けている。

 

理由は、最近肝臓の衰えを感じ、それを補助する栄養素が亜鉛だったから、それだけである。

 

では、効果のほどはどうなのか?

 

プラセボの可能性はあるものの、気持ち寝起きが良くなった気がする。また、酒を飲んだ次の日のダルさが、減った感覚もある

 

色々調べてみると、2か月は飲まないと効果が体感できない―なんて記事も散見する。

 

実際亜鉛のサプリはそこまで経済的負担にならないので、あと1ヶ月程度は気楽に続けてみようと思っている。

 

⑤ストレッチ

 

最近の僕のイチオシだ。疲労やコリに悩む全ての人に、僕はこれを推す。

 

自己流になるというリスクは少々孕むものの、整体師が動画で教えてくれるストレッチはとても多い。

 

肩甲骨はがし、開脚、猫背矯正・・・悩みの数だけ、解決策もまた、ある。

 

最初は寝る前しか僕はそれを行っていなかったが、今は寝起きと寝る前の二度行っている。

 

起きてすぐベッドの上で、↓のストレッチをすると、物凄く目覚めが良い

www.youtube.com

 

また、↓の効果か、最近肩周りの可動域がかなり広くなってきている。

www.youtube.com

 

恐らくこれは日課にする。恩恵の多い、色々と優れた方法である。

 

⑥マッサージ

 

結構お金がかかりそうなので、僕は人によるそれをまだ試していないのだが・・。

 

家電量販店にあるそういうグッズコーナーを体験すると、あれはあれで確かに気持ちよい。

 

大学生の頃、『癒されに行こうぜ!』という建前で、友達と二人でたまにマッサージチェアに座りへ行っていたものだ。

 

後は、足ツボをガンガン刺激するマシン。あれは確かに気持ちよかった。

 

―しかし、それを家に置いといて、日々マッサージしてもらいたいかと言われれば、結構微妙かなぁと。

 

あれはたまにやるから、とても気持ちが良いのだと思う。

 

悪くはないのだが、しばらくはマシンを買うことも、整体に行くことも、僕は良いかなと思っている。

 

⑦瞑想

 

これは少し変わり種。主にメンタル面の疲労回復の術として、よく語られるものである。

 

どうにもスピリチュアル感があるが、実際はそういう話ではない。

 

胡坐をかいて背筋を伸ばし、鼻から息を吸って、口から吐く。呼吸に意識を向けるイメージだ。

 

段々頭の中がクリアになっていき、過去の失態とか未来への不安とかが、思考の中で霧散する。

 

瞑想の目的は、『今、ここ』にフォーカスすることだと言われている。

 

『今、ここ』の中に、過去も未来も不要なのだ。大抵闇が添加されているので、なおさらである。

 

最初は3~5分で十分なのだが、慣れてくれば15分のそれを推奨している本もある。

 

どうにも悩みに囚われていたり、不思議と精神が昂っていたりする際、試してみてほしい方法である。

 

終わりに。

 

最初に言い忘れたのだが、僕は基本的にあまりお金を使いたくないと考えている。

 

だからこそ、基本整体には行かないし、グッズ系を買い揃えることもしない。サプリも正直、最安値のそれだ。

 

グッズの紹介等にほとんどなっていないのは、そういう事情による。

 

逆に考えれば、カネの力を借りずとも、自分で自分をメンテナンスする術は大量にあるということだ。

 

即効性のあるものもあるし、じわじわと効いてくるものもあるので、まずは試す→続けるというのを心がけてほしい。

 

今年も猛暑・酷暑が予想されている。身体がだるくなるのは、もはや請け合いだ。

 

そういった疲労の回復に、ここに書いたものが一助となれば幸いである。

p>
筋力トレーニング ブログランキングへ