厨二的鍛錬日記

憧れの技。動作。失った輝き。そういうのを叶え取り戻す術(=トレーニング)を求めて。

最近、結構いい感じに成長しているので。『前腕の鍛え方ご紹介』  

 

前腕のトレーニングを取り入れている。

 

握力60㎏!といった筋力ではなく、例えばシルベスタ・スタローンみたく、血管が葉脈の如く張り巡らされているそれを目指している。

 

そして、長らく変化が無かった前腕に、最近いい感じで変化が出ている

 

まず、過去最高に血管が浮いている。また、腕そのものの直径もでかくなった実感がある。

 

オマケとして、多分握力も上がっている。数値は計っていないものの、今までよりスチール缶が凹むようになった。

 

理由はきっと、今までになく継続的に、かつハードに鍛えられているから

 

ルーティンとして真新しいものは特にないが、何かの参考になれば良いということで、以下ご紹介。

 

 

  

ベースとなるメニュー。

 

まず、全てのメニューは、『30s-20s』で行っている。『30秒のトレ、20秒の休憩を繰り返す』というもの。

 

その上で、以下の2つは必ず取り入れている。

 

・リストカール

www.youtube.com

・リバースカール

www.youtube.com

 

コツは、動作中に限界まで手首をストレッチすること。

 

腕に焼け付くような痛みがしたら、それが効いているということである。(怪我には留意してほしい)

 

さて。

上記の2つに、日によってさらに1種目、足している。

 

全てのメニューを合わせると、3種目となる。

 

それを大体2~3セット繰り返すので、時間で言えばせいぜい50秒×6or9=5分~7分30秒程度

 

これなら続けられると僕は思うのだがどうだろう。

 

まあいい。以下、オプションで加える種目の例である。

 

加えるとしたら。

 

スーツケース・ホールド

www.youtube.com

 

ダンベルにタオルを巻いて、敢えて持ちづらくしたものを使い、僕は実施している。筋持久力に効く。

 

ネガティブ・グリッパー

www.youtube.com

 

全力でハンドグリップを握り続けるもの。30秒ずっとは大変しんどいので、15秒おきに別の手とスイッチしている。

 

重り巻き取り(正式名称不明)

www.youtube.com

 

 

総合的に前腕が痛くなる。どちらかと言えば、手の甲側の筋肉が焼け付くような感じ。

 

・・・のいずれかである。どれを加えても良いが、僕のオススメは最後の重り巻き取りかなぁといったところだ。

 

最後に。

 

注意点としては、毎日毎日行わないことに尽きる

 

僕のルーティンでは、前腕は4日に一回しか鍛えていない。それでも、ちゃんと成果は出ているので、きちんと休養の時間は取るべきだ。

 

とはいえ、取り立てて述べなければならない事柄は、これくらいである。

 

では、今日は短めではあるものの、このあたりで。

p>
筋力トレーニング ブログランキングへ