厨二的鍛錬日記

憧れの技。動作。失った輝き。そういうのを叶え取り戻す術(=トレーニング)を求めて。

健康至上主義で生活すると、体感はどこまで変わるのか。 始まり編

 

二日酔いだ。

ただ、仕事がライトな日なので、悪影響はいつもよりマシだが、ズキンと頭が痛むたびに後悔がこみ上げる。

 

「焼酎さえ飲まなければ・・・」

 

自制心の脆弱さが僕の短所だ。いや、大体の人がそうなのかもしれないけれど。

生まれつき、お腹も緩い。油断すれば大抵下痢をしてしまう。ただこちらは、もう慣れた。

 

身体の健康が崩れると、精神にも少なからず影響が出る。

弱っているときの思考はネガティブまっしぐらであり、決して正常なそれではない。

 

「これでは、いかんですなぁ」とぼんやり危機感を常日頃抱いていたが、今日の二日酔いを契機に、ついに生活を改善しようと決意した。

 

せっかくなので、取り組んだ期間前後の違いを考察したいと考えて、本日はここにプランと心境についてを書き並べておく。

 

 

  

とりあえず現在の体調について。

 

 

はっきり、ダルい。

頭は痛むし、何か口にするたびに吐き気がこみ上げる。アセトアルデヒド大暴れだ。

また、なぜか最近体重が減った。とはいえ体調が良くなったかといわれれば微妙だし、腹筋のラインがくっきりしたかと言われれば、これまた微妙である。

 

何故こうなったのだろう。

日々の生活を振り返ってみると、問題点が大量に出てきた。以下にまとめる。

 

現状の生活のクソっぷり。

 

 

朝飯は食ったり食わなかったり。

食うとしても、最近は小さいあんドーナツ1個とか。

あと、やたらコーヒーを飲んでしまう。1日平均3缶は空く。

また、完全に惰性なのだが、飲酒もここ最近は毎日のことだ。

次の日ダルいと分かっているのに、ストレスを感じて気付けば仰いでいる。

翌日、飲酒したダルさから、さらにストレスの感受性が高まるのにも関わらず、だ。

学習しない自分が憎い。

そういえば、最近野菜を食っていない。今日久しぶりにスムージーを飲んだけれど、それがいつ以来のことか思い出せない。

一日何食かも全く安定しない。

3食摂る日もあるにはあるが、めんどくさい時は夜に一食ドカンと食べて終わりなこともしばしば。

救いとしては、睡眠時間はかなり気を遣っているため、7時間半を下回ることはここ最近皆無だ。

ただ、夜型の仕事であるため、床に入る頃には成長ホルモンのゴールデンタイムを過ぎている。

 

考えれば考えるほど、自分で自分の首を真綿で締めているかのようだ。

僕は別に長生きこそしたくないが、日々のクオリティが下がるのは願い下げだ

楽しいことも楽しめない。

ということで、いよいよ改善策を考えていく。

 

生活習慣リビルド。

 

 

参考図書はこちらにした。

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術
ショーン・スティーブンソン,花塚 恵

ダイヤモンド社
売り上げランキング : 3710

Amazonで詳しく見る by AZlink

睡眠の有益性と、その効果を最大限まで高める方法が纏められた良著。

それに絡めて、食事プランや運動の方法まで載っているのが有り難い。

 

とりあえず食事面は、改善したい点がハッキリしているため、以下の通りにした。

 

①三食必ず食べる。そして脂っこいものなどはなるだけ控える。ただし、1日における2回目の食事については、制限を取っ払うとする。(チーティングの一環)

②魚と野菜については、意識して摂取。

③基本、飲酒を封印する。

④朝食は小腸の機能改善を狙い、ヨーグルトとシリアル、そして野菜ジュースで固定。

 

なんか健康になれそうだ。

 

運動面にしては、日頃の習慣にあまりプラスもマイナスもしないことにした。

 

①毎日必ず、強度の高低は無視するも、有酸素運動を行う。(散歩、HIITなど)

ウェイトトレーニングは週6日ペースで実施。(3日に一度OFF)

 

さて。

ここからが一番改善しなければならないところだ。

 

それが、睡眠だ。

先の図書の内容を踏まえ、以下の自分ルールを徹底することとする。

 

①翌日の起床時間を逆算し、7時間半~9時間は確実に寝る。

②就寝予定1時間前から寝床に入る。その後は、携帯を触らない。(ブルーライト遮断)

③仕事を終えて帰宅してからは、想像力を使う作業を行わない。(脳の休息)

④2日に一回は、半身浴or眼精疲労を取るアイテムでの積極的回復を計る。

 

睡眠を軽視するとロクなことがない。

頭では分かっていたが、実のところ、軽視していた。だからロクな体調にならないのは当たり前の話だったのだ。

夜の時間を完全に休息に使い、クリエイティブなそれは朝にブン投げる。

で、朝と昼で心地よく疲労を溜めて、夜はぐっすりおやすみなさい。

なんと健康的なリズムだろうか。

 

しかし、ここで止めてはならない。

良いリズムでこれても、それを簡単に崩してしまうきっかけは山積している。

 

僕の場合それは、休日である。

 

有意義なソレは鬼のように難しい。

 

 

僕はものすごい出不精であり、家から外の世界にストレス解消だとか安らぎだとかを基本求めない。もはや外出がストレスだからだ。

 

そして、休日ももはやルーティンで動いている。

乾燥機にブチ込む。ゴミを捨てる。掃除をする。このブログをしたためる。読書。ゲーム。

贅沢な時間ではあるが、5時間くらいで全部終わってしまう。

では、空いた時間はどうするか。

 

寝てしまう。しかも数時間単位で。

となれば、夜に寝られるわけがない。寝られないから酒を飲む。

気付けばせっかくのリズムは完全に崩壊してしまうという、単純明快過ぎるクソ論理である。

 

ここを改善しないとな。

でもここを突き詰めた話は、このブログの趣旨からずれている気がする

だから今日は、『休日までマネジメント考えておかないと、意外と簡単にリズムは破たんしまっせ』という忠告程度にとどめておく。

 

さて。

 

 

とりあえず熱が冷める前に、野菜ジュース2リットルと、ヨーグルト1㎏を買った。

(前半は、ここを書いている数時間前に完成させてた。)

 

まだ頭が痛むのが気がかりだが、これも消えて健康になると思えば、正直心が躍る

結果報告は丁度1週間後の予定である。

 

体感値を抽象的な表現でしか伝えられないのが口惜しいが、実のある報告ができるように頑張りやす。

 

厨二全開で突き進む奴に不健康な奴はいない。

・・という無理やり過ぎる結論・理由・動機をもって終わりとする。 

p>
筋力トレーニング ブログランキングへ