厨二的鍛錬日記

憧れの技。動作。失った輝き。そういうのを叶え取り戻す術(=トレーニング)を求めて。

2018年になったので、自分の理想像というのを固めることにする。

 

2018年になった。

実は8日くらい風邪を引いており、その間トレーニングは完全休養している。

最近少し腹筋が緩くなったのを感じており、危機感も募る。

 

そんな僕だが、最近あることに気付いた。

それは、明確な目標を一切据えていないこと。

例えば、握力60㎏とかそういうのは、達成しているかどうか、またどのくらい離れているかが明確でわかりやすい。

そういった指標がないということは、そういうことなのだろう

 

何となく時間があるので、今日は僕の理想像をキッチリ固めて、逃げられないようにここに公表しておこうと思う。

 

 

  

好きなキャラから逆算だ!

 

 

僕がウェイトトレーニングを始めたのは中2の頃なのだが、その理由は2つある。

1つは、当時やっていた野球での成績を上げたいから。

もう1つは、当時ハマっていた格闘ゲームのキャラを心底かっこいいと思ったから。

片方は厨二病フルマックスで恥ずかしいが、嘘ではない。

 

それがきっかけなのだが、最近は少し変わった。

いわゆるわかりやすいマッチョには、実はそんなに憧れがない。

僕が心惹かれて仕方ないタイプは、『見た目は一般ビジネスマン風、或いは謙虚な青年なのに、その実はバッキバキに割れたボクサー体形』というものだ。

つまりギャップがすさまじいということか。

なんか、厨二病、悪化してないか?

 

となれば、ここを最たる目標に据えれば、僕のモチベーションは結構高いまま維持できるのではなかろうか

いわゆる理念のようなものは見えた。もっと具体的に落としていこう。

 

サイズよりも体脂肪率

 

 

ということで、北斗の拳みたいなガチガチの体形を目指す方法は除外する。

そういうのは僕が目指す像に合わないからだ。

 

しかし、筋量はさておき、筋力はしっかり高めておきたいところ。

となれば、具体的な目標ウェイトを定め、進捗を確認しつつ、でも摂取カロリーは適切な水準を超えないように管理。有酸素運動も取り入れて、機能面も高めていく。

 

ということに落ち着きそうだ。

 

そういうのを考えていると、特に肩と背中を重視した方が、それっぽくなるのでは?という仮説も生まれた。

おお、根幹が決まれば仔細が容易く決まると本で読んだが、それは本当だった。

 

まとめ。

 

 

僕の目標は、『見た目は一般ビジネスマン風、或いは謙虚な青年なのに、その実はバッキバキに割れたボクサー体形』であり、そのためにこの年は『具体的な目標ウェイトを定め、進捗を確認しつつ、でも摂取カロリーは適切な水準を超えないように管理。有酸素運動も取り入れて、機能面も高めていく。』ことを意識する。

 

・・ということになった。

必然的に、これからの記事はこういうのがテーマになっていくこととなる。

たまに厨二全開の何かを書いて、盛り上がればいいな。

そういえばこのブログも、実は100記事が迫ってきている。

 

最近は何を記事にしようかネタ切れ感が実はあったのだが、今日で既にアイデアが数個閃いている。

今年で本格的にアラサーに突っ込む。仕事のキャリア的には、2018年が分水嶺という年という噂を聞いた。

なんだかんだでメモリアルな年にならんことを、願ってやまない。

p>
筋力トレーニング ブログランキングへ

 

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g


明治
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る by AZlink