読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラトレーニーの日々のムキムキ

筋トレ種目から栄養などなど、トレーニングに関することをつらつらと書き連ねていきます。

自重トレの極み! ハイレベル自重トレーニングあれこれ。

紹介 トレ

過去何回か登場してきましたが、基本的にはダンベルなどのグッズを使わずに、自分の体重を使って身体を鍛える方法、それが自重トレーニングです。

腕立て伏せやクランチなど、種類は多彩ですが、どうにも負荷を上げきれないのが悩みどころ・・といった感じでしょうか。

 

しかし、動作方法などを工夫すれば、全てがそうなるわけではありません。

一部ちょっとした道具を使うものはありますが、今回はハイレベルな自重トレーニングを各部位ごとに紹介していこうと思います!!

  

 

クラップ・プッシュアップ(後手)

 www.youtube.com

手叩き腕立て伏せとも言います。腕立て伏せの「立て」の動作の時にそのまま跳ねて、空中で一回手を叩く…という動作なのですが、動画を観られればどんなものかは分かると思います。

 

しかし、それを体の後ろで行うと話は別。

前手よりも高く跳ねあがらないと不可能であり、求められる手のスピードも変わってきます。

下にマットを敷くなどの安全策は取った上で、挑戦してみてください!

 

 

ボックスジャンプ(かなり高め)

 

www.youtube.com

動作としては、手頃な高さの台の上に両脚ジャンプで飛び乗るというものです。元々脚のトレーニングとしてはかなり優れたエクササイズで、爆発的動作を必要とするバスケやバレーなどの選手にオススメできるものです。

 

これの高さを、腰~胸の高さにまで引き上げて飛べたら、正直アスリート並みの脚力です。

但し、怪我のリスクも極大なので、常日頃からこのエクササイズに取り組み、筋力を強化したうえで挑戦してみてください!

 

 

トゥズ・トゥ・バー(そのまま逆上がり)

 www.youtube.com

鉄棒などにぶら下がって行う腹筋トレのエクササイズです。鉄棒にぶら下がった状態から、つま先を鉄棒につけるように身体を丸めつつ持ち上げる、というものです。

 

これを、そのまま逆上がりをする動作にまで繋げれば、負荷がかなり上がります。

腹筋含む、体幹全てに効くエクササイズですので、鉄棒を利用できる方は是非取り組んでみてください!

 

おわりに。

 

ということで今回は3種類に留めましたが、種類はまだまだたくさんあります。

自重トレなあ~と思う方も、動作方法次第でキツくすることは可能です。

 

是非、挑んでみてください!

p>
筋力トレーニング ブログランキングへ