読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラトレーニーの日々のムキムキ

筋トレ種目から栄養などなど、トレーニングに関することをつらつらと書き連ねていきます。

激キツジョギング ランWOD。

マッスルアンドフィットネスの過去の号を読んでいて、面白い有酸素運動を見つけました。

それが、「ランWODというものです。

 

クロスフィットと呼ばれる、高強度のワークアウトを主としたスポーツ(なのか、競技なのか、ちょっとよくわからなかったです。)の一種で、その特性通り、とてもキツいものになっています。

 

何より嬉しいのが、動作に難しいのがないところです。

では、早速内容を紹介していきましょう。

  

ランWODは、以下の流れで行います。

 

1600mを出来るだけ早く走る

3分間の休息、その間にタイムを記録

1200mを出来るだけ早く走る

2分間の休息、その間にタイムを記録

800mを出来るだけ早く走る

1分間の休息、その間にタイムを記録

400mのダッシュ

タイムを記録して終了。

 

という、言葉にするだけでも大変さが伝わるものの、要は全力でのランと休息の繰り返しと思えば、いくらか尻込みする気持ちも減るのではないでしょうか。

尚、動作の特性上、室内でのトレッドミル(≒ランニングマシン)で行うことは難しいので、戸外で行いましょう。

 

ぼちぼち腰も治ってきたし、そろそろガッツリ汗かきたいなということで、実際にやってみました。 

自宅の周りにグラウンド状のランニングコースが無かったため、1600mとかをどうやって測ろうというところからのスタートでしたが・・・。

幸い、自宅すぐそばに、約1kmほどの直線の道があった為、そこを利用することにしました。スタートから大体400mにはこの電柱があるなとか、800mには理髪店があるなといった具合に、Googleマップを見ながら、具体的な長さを示す目標物を探していきました。

 

そして本番。

まずは1600mのジョギングですが、ここを走り抜けた時点ではまだ余力がありました。

休息時間も3分とたっぷりあったため、息を整えて第2ラップへと挑めます。

しかし、1200mを走り抜けたら、明らかに疲労の度合いが違います。2分の休憩ではとても足りません。

そして第3ラップの800mですが、この長さになると、ジョギングというかダッシュに近くなります。足がもつれて転びそうにもなりました。本にも書いてありましたが、ここが一番キツいです。

1分の休息の後は、400mのダッシュです。最後の力を振り絞り、何とか走ることができました。残念なことに、記録を取るのは忘れていましたが・・・。

 

それでは、感想をば。 

ただのジョギングの比じゃないくらい、キツいです。動作としては、タバタ・プロトコルに近いと思いますが、時間が長い分、こっちの方がキツイかもしれません。ただ、同時に効果も絶大だと思います。

動作が終わってもしばらく息は切れていましたし、どうやら運動後も脂肪が燃え続ける効果もあるそうです。(運動後脂肪燃焼効果とか、アフターバーンエフェクトとか言うらしいですが、別の機会にまとめます。)

ただどう考えても毎日やるものではないので、週2回くらいが目安じゃないかな、と思います。サッカーやラグビーなど、緩急をつけて走り回る系のスポーツをされる方にオススメだと思います。

 

これから寒くなってきますので、準備体操などは怠らないようにして、このランWODに挑戦してみてください。


筋力トレーニング ブログランキングへ

·