読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラトレーニーの日々のムキムキ

筋トレ種目から栄養などなど、トレーニングに関することをつらつらと書き連ねていきます。

筋トレをする筋肉がない。

ハードな筋トレは、その分効果が高いもので。

 

例えば、背中の筋トレは「懸垂」抜きには語れないくらい効果があります。

そして足を鍛えるハードなエクササイズには、「片足スクワット」というのもあります。

これらのエクササイズを日々のトレーニングに取り入れるだけで、何かしらのレベルがぐいぐい上がっていく!

これがハードなトレーニングの魅力ですね。

 

ですがこれらはハードが故に、問題点もあるわけで。

タイトルで察されるかと思いますが、今回はこれに関する記事です。

そもそもこれらのトレーニングをするために、結構なレベルの筋力を要求される。

これに尽きますね。

実際僕の周りにも、懸垂が1回も出来ない人は大勢います。

また、片足スクワットなんて、出来る人の方が珍しいように思えます。

 

「では、これらのトレーニングは諦めなければならないのか?」となると、実はそんなことはありません。

大体のハードなトレーニングには、代替のトレーニングがあります。

 

前置きが長くなりましたが、今回はその代替トレーニングについてご紹介致します。

 

懸垂ができない・・・。

そんなアナタには、「インバーティッド・ロウ」をオススメします!


Inverted Row Exercise - Best Form Tips! - YouTube

動作は動画を観ていただくとして・・。

簡単に言ってしまえば「逆腕立て伏せ」といった感じでしょうか?

 

まずはこのエクササイズで背中の筋力を高めて、懸垂に挑戦されることを推奨します。

ちなみに、懸垂の回数向上のコツは、「1回もできなくていいけど、上がる限界まで体を上げようとすること。それを繰り返せばいつか1回、2回と出来るようになる。」と僕の先輩が言っておられました。

 

 

片足スクワットができない・・・。

片足の筋力を高めることは、結構重要だったりします。

例えばバスケや幅跳びなんかでも、両足でジャンプすることって実はそんなにないような気がします。

ということで、利き足だけでも鍛えておくのは、特に飛んだり跳ねたり系のスポーツをされる方には大事なのかな、と思います。

 

片足スクワットが出来るようになるまでのつなぎのトレーニングとして、「ピストル・ボックス・スクワット」をご紹介します!


How To Perform the Pistol Box Squat - Exercise ...

より効果を高めるコツとしては、立ち上がる時はスッと、体を下すときはなるべくゆっくり、という点が大事です。

まずはこれで、「片足でのスクワット」の感覚を養うことをオススメします。

 

終わりに。

今回は2種目のみの紹介になってしまいましたが、この記事はシリーズ化して、もっと色んなトレーニングを紹介できたらなと思っています。

 

ちなみに、今回紹介したトレーニングは、普通のトレーニング後の最後の追い込みの種目としても大変効果的です。

(例:懸垂、ダンベルロウ等のエクササイズ→インバーティッド・ロウ3セットで〆)

 

是非是非、お試しくださいませ。

それでは!


筋力トレーニング ブログランキングへ