小人的・人生向上日記

不摂生野郎がQOL(クオリティオブライフ)の向上を目指す軌跡。

4分で1時間分の運動効果が得られる方法があるので試してみた!

ほんまかいな。

 

まず1時間分の運動が何なのかという定義とかはありますが、今回は目をつぶることにします。

 

その方法は、「タバタ・プロトコルというそうです。

 

なんでも、「20秒の運動と10秒の休息を1セットとして、8セットで疲労困憊に至る間欠運動を行います。」というのがそれらしい。

 

(引用:http://matome.naver.jp/odai/2141363071166207101)

 

うーん、文面だけだとよくわからない。そこでちょこっと調べてみました。

 まず、この20秒の運動がクセモノのようで。

 

「100%の力で行う運動」と言い換えることが出来ます。

 

例えば、50m走なんかはこれに当たります。

 

乱暴に言い換えてしまえば、タバタ・プロトコル「20秒の全力ダッシュ並みの運動と10秒の休憩を8セット、連続して行う」と言えそうです。

 

これはなんとなくキツそうだけど、具体的にはピンと来ないですな。

 

ということで、youtubeで調べてみました。

 

するとたくさん出てくる「Tabata-protocol」の動画。その中から手軽にできそうなものを選んで、1個やってみました。

 

www.youtube.com

それがこれ。場所は別に砂浜じゃなくても大丈夫です。

 

ちなみに動画ではストップウォッチを使っていますが、携帯のアプリを漁れば似たようなものはたくさんあります。

 

また、確か100均にストップウォッチがあったような気がします。

 

尚、ストップウォッチ必須かと言われればそうでもないので、あまり気にしないようにしましょう。

 

さて。

実際に動画の通りにトレーニングをやってみた僕ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超キツイ。

 

そりゃそうですよね。理屈上、1時間分の運動が4分に圧縮されただけですから。運動終了後もしばらく、動悸が止まりませんでした。

 

あと、翌日両足とも筋肉痛になりました。しかも3日間くらい。

 

ちなみに体重は、誤差かもしれませんが700gほど減ってました。すげぇ。

 

そんな効果てき面なタバタプロトコルですが、あまりにも強度が高いトレーニンなので、週に2~3回がベストだそうです。

 

多分それ以上やると心が折れます。

 

夏までに体を絞る為の、強い味方になりそうですね!

 

おまけ

 

超上級者用・タバタプロトコル


CrossFit Tabata - YouTube

真似できるのは、縄跳びと鉄棒にぶら下がってのレッグレイズくらいでしょうか?

 

組み合わせ次第で色んなことができるのも、タバタプロトコルの魅力ですね。

 


筋力トレーニング ブログランキングへ