厨二的鍛錬日記

憧れの技。動作。失った輝き。そういうのを叶え取り戻す術(=トレーニング)を求めて。

ここを無期限残置しようと思う。

100以上も記事を書いておいて今さら過ぎるのだが、正直ここで書きたいことが完全に無くなってしまった。 このジャンルで僕は『ここにしかない』ことが書けないな、と言うのは常々感じていた次第であるワケで。 ガラリとジャンルを変えるのか?チマチマとやっ…

30代が見えてきてるので、コンプレックス改善と、本気で憧れていたことをそろそろ叶えるぞ!という決意表明。

30代が見えてきた。正直ここ数年は、年々体調が良くなり続けているので、老けていくのは顔と価値観くらいなのだが。 この年を節目と考える人は多い。かくいう僕も、ここを目途に何かをしたいなとは常々思っているのだけど。 で、そろそろ実のあることを考え…

やはり身体をでかくするには、『クレアチン』が最強な気がする。

僕自身は、実はあまり身体を『大きくすること』に興味はない。どちらかと言えば、機能的な身体を作る方が興味ある。 実際、筋肉量と筋力は完全には比例しない。例えば、以下の動画の人とか、そのモデルケースだと思う。 www.youtube.com しかし最近、そうは…

お酒大好き人間が少しずつ減酒出来つつあるので、その軌跡をまとめてみる。

自分で言うのもなんだが、お酒が大好きである。(厳密には味ではなくあの浮遊感) 20代前半は日本酒にハマって、週5で熱燗をすすっていたくらいである。雁木・夕凪が美味しかったなー。 そこからしばらくはストロングゼロと氷結を計800ml飲むのがお決まりの形に…

『爆発的動作』をメインにすれば、機能的な脚を作れる気がする!という話。

実は脚のトレーニングがあんまり好きじゃない。 しかしながら、校門手前が結構な傾斜の高校に通っていたことが理由なのか、一応足はたくましいままにキープしている。 ろくすっぽトレーニングをしてはいないので、ただ太いだけという話なのだが・・・。 どうすれ…

『拳』を鍛える方法を調べたら、やっぱり色々出てきたのでもっかいまとめてみる。

厨二心をくすぐってやまないシーンを思い浮かべてほしい。 壁を殴りヒビを入れる。相手のパンチに自分のパンチを合わせ、相手の拳を破壊する。そんなではなかろうか。 人知を超えたシーンとして、格闘モノにおいて描写されまくる鉄板の場面である。 ―では、…

面倒なので室内で有酸素運動に取り組みたい方へ、オススメのメニュー4選。

トレーニングにおいて、有酸素運動は必要不可欠だと言われる。 確かに、筋肉ばかりで心肺機能がカスだと、ただ燃費が悪すぎる身体が出来上がって終わる。 また、筋肉量をいくら増やしたところで、カットのついた身体を作るためには、脂肪を削ぎ落すプロセス…

超健康的生活実践録。  

僕にはある持病がある。まだ20代なのだが、痛風体質なのだ。 痛風とはどんな病気? | 公益財団法人 痛風財団 若さゆえの特権か、20歳と22歳で発作が起きて以来、しばし平穏な時を過ごしていたのだが・・。 ついこないだ、久しぶりに発作が出た。その激痛たるや…

このブログの趣旨とか、意義とか、原点に立ち返ってみた話。

充電と称して距離を置こうと決めてみると、不思議といいアイデアが浮かんでくるようになった。 実はこの記事を、まだ充電期間の序盤に書いているのだが・・。せっかく頭に浮かんだので、言葉にしておこうと思う。 僕はどうしてトレーニングを始めたのか?僕はト…

しばらくネタをストックしようと思う。

今日はただのご報告。 言い訳を先にすると、ネタとして頭の中に閃いている事柄は、実は結構ある。 しかし、トレーニングや健康法と言うモノの特性上、『検証』に時間が掛かってしょうがないのもあり、それが追い付いていないのが現状だ。 例えば、現在4㎏程…

【我流健康法に取り組んでみる】朝ご飯ガッツリ生活を試してみた。  

世界中で研究が進んでいる恩恵か、万人に効果のある健康法が日々発信され続けていると感じる。 理想の睡眠、理想の食事タイミング、さらには副交感神経を優位に働かせるための呼吸法まで、その種類は多岐にわたり、そして実際有用だ。 ただそれと同時に、『…

どうにもマンネリ気味ならば、【極端な】トレーニングをしてみよう。

超絶な繁忙期に突入したが、トレーニングの習慣は何とか継続できている。 トレーニングによる運動に、仕事における身体的・精神的な疲労が加わるためか、体重の減少が甚だしくてやや不安だ。 そんな中、どうにも日々のトレにマンネリズムを感じることが増えて…

20代前半から20代後半で、身体に起きる変化を白状する。

そろそろまた、年を取る。『アラサー』と周囲に言っても、ギャグではなくただの事実として伝わる年齢だ。 老化は日々じわじわと進むものらしいので、リアルタイムで衰えを感じることは、あんまり無い。 実際、去年の自分と今の自分が腕相撲をしたら、今の自…

昼飯意外とメンドクサイ問題を考える。

最近、また痩せた。長らく体重は一定値をキープしていたのだが、その数値を下回り始めたのだ。 原因はきっと、仕事が忙しくなったから。今は繁忙期真っ只中であり、仕事量は笑えるほど多い。 もう一つ思い当たるフシがある。それは、昼ご飯を抜きがちになっ…

『暑熱馴化』を考える。

言うまでもなく、最近の暑さは異常である。もはや【暑い】ではなく、【熱い】と表記した方が適切だとさえ思う。 冷房が効いた室内に避難し続ければ、ある程度そこから無縁でいられるが、やはり根本的な解決にはなっていない。 屋外作業、通勤、部活等、うだ…

『疲労回復に効果ありとされるもの』レビュー総まとめ。

20代前半、僕は一著前に一大学生として、それなりに不摂生をし、それなりに遊んできた。 酒を覚え、徹夜を覚え、若さと言う限りある資源を浪費し、目先の困難も気合と根性と無茶で切り抜けてきたものだ。 今はどうか。 正直、その水準で生活を続けていると、…

最近ストレッチが超楽しいのでまとめてみた。

先の健康第一週間で取り入れてみたのが、『ストレッチ』である。 今までは『筋肉をほぐして伸ばす』程度の認識しかなく、派手さに欠けることから、実はそこまで乗り気でなかった事柄だ。 しかし、最近は思いっきり認識が変わった。 自分の身体が抱えている問…

体力を向上させれば、普段の暮らしは楽となるのか? 結果編

『体力』強化に特化する二週間が過ぎた。 目に見えて感じるメリットがある一方で、自分の中で反省点になる要素もチラホラ。 そんな日々であった。 押しなべて言えば、効果も出たし、恩恵もちゃんとあったのでそれは良い結果である。 ということで今日は、そ…

体力を向上させれば、普段の暮らしは楽となるのか? 経過報告編

『体力』強化を重視する日々を開始して一週間が過ぎた。 今日はここまでの感想、トレーニングの内訳、今後についてをシェアしたいと思う。 まず、感想から。 特筆すべきこととして、まず筋肉の疲労はほぼ完璧に消えた。地味に軽く痛めていた手首も、今やほと…

体力を向上させれば、普段の暮らしは楽となるのか? 計画編

『体力』とはアバウトだ。 HPなのか?スタミナなのか?それとも生来の頑強さなのか?そこは人によって、或いは定義によって変わるのだろうけれど。 そんな僕自身の『体力』はどうなのだろうか。 おそらく、水準的には相当低いのではと考えている。理由は、体…

『仮眠』のススメ。

このブログで何度もテーマとしてきたにも関わらず、僕は自身の睡眠に難を抱えている。 大げさでも何でもなく、僕は3~4時間で一度目が覚める。7~8時間連続で寝られたのは、去年の夏が最後だ。 だから、色々と努力し続けている。 快眠サプリとやらも飲んでみた…

やりがち不摂生とその対応策まとめ。

若いというより色々と未熟だったとき、健康面で色々とやらかしてきた。 中学~大学にかけては、寝不足が酷かった。中学~高校時代はモンスターハンターが盛んであり、睡眠時間よりそちらを優先してきた。 テストの点や部活のパフォーマンスは面白いほど振る…

やりがち不摂生とその対応策まとめ。

若いというより色々と未熟だったとき、健康面で色々とやらかしてきた。 中学~大学にかけては、寝不足が酷かった。中学~高校時代はモンスターハンターが盛んであり、睡眠時間よりそちらを優先してきた。 テストの点や部活のパフォーマンスは面白いほど振る…

朝食を習慣とするために。

朝食を摂るべきだという意見をあちこちで聞かされる。 僕自身、確かに朝食は大切だと感じる。食ったときの頭の冴え具合や、食わなかったときの気だるさがそれを納得させる。 現に毎朝、なんやかんやで僕は朝食を摂っている。 しかし、独り暮らしである場合は…

100記事という節目となったので、今後の展望を考える。

このブログを始めて、3年近く経ったらしい。 その期間を経て、めでたく?これで100記事となった。年に33記事ペースとなるが、速いか遅いかすら分からない。 正直、湧いてくる感情は、読んでくださることへの感謝に尽きる。本当にありがとうございます。 当初…

被験者はまたまた自分。『一週間・摂生生活』。 

GWに生活習慣をぶっ壊す暮らしをして、1週間経った。 pochihiko-inunosuke.hatenablog.jp 上記の記事での宣伝通り、ここ1週間は我ながらかなりストイックな日々を送っている。 食事、運動、休養。そのすべてにプランを考えて、ひたすらに実行してきた。 自分…

被験者は自分。『一週間クソ不摂生生活』。

自分で言うのも何だが、僕の日ごろはとてもストイックである。 目覚めたら読書から始まり、資格の勉強、散歩、トレーニング、身支度と続いていく。 こうした自己管理の効力か、体重は自分の中で最もちょうどいいところに落ち着いているし、極端な体調不良も…

最近、結構いい感じに成長しているので。『前腕の鍛え方ご紹介』  

前腕のトレーニングを取り入れている。 握力60㎏!といった筋力ではなく、例えばシルベスタ・スタローンみたく、血管が葉脈の如く張り巡らされているそれを目指している。 そして、長らく変化が無かった前腕に、最近いい感じで変化が出ている。 まず、過去最…

やたら癖になるメロディと、案外実践的な歌詞。 『懸垂の歌』  

最近、やたら耳に残って離れないメロディがある。 『Pull-ups song』つまり、『懸垂の歌』だ。 www.youtube.com 一件ふざけているように見えるが、歌詞に結構大事なことが書いてある。 これを意識すれば、懸垂の効果はあがるし、懸垂について分かるし、懸垂…

厨二のためのトレーニング。 機能的な肉体編。

『我流』『無型』『天性』『ノーガード』という言葉に惹かれる。 色々な漫画・作品において、最強の部類(或いは戦闘力上位)に入るキャラは、案外正当な型から外れていることが多い。 となれば、彼らを支えているものは何なのだろうか? それは確実に、持ち前の…